パート先のコンビニ駐車場で当て逃げ・・・防犯カメラでも確認できず

パート先のコンビニ駐車場で当て逃げ・・・

ハンドルネーム:のんさん(50歳女性 山口県)
事故の時期:平成13年7月頃
加入していた保険会社:東京海上日動
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
パートで車で通勤しており、仕事中にはパート先のコンビニの駐車場の隅に車を駐車していました。いつものように仕事終えて車に乗ろうとすると、車がべっこりとへこんでいました。

 

最初は目の錯覚かと思いましたが、どう見ても車がへこんでおり自分が当て逃げにあったことを認識しました。当て逃げにあってしまい、すぐに警察に電話をして警察の人も来てくれ、事故の状況を調べてくれました。

 

コンビニの防犯カメラにも映らない所に車を停めていたので映っていませんでした。そのため警察では、当て逃げは犯人を捕まえるのが難しく、捕まらないケースが多いことを伝えられました。

 

車のへこみ具合も酷く修理をしないわけにはいきませんでしたが、もしかしたら当て逃げの車が見つかるかもと数日待ちました。しかし、警察からも連絡がなく車をそのままにしているのが辛く修理をしてもらうことにしました。そのため、私の自動車保険を使い修理を行うことになりました。

 

保険会社に電話をして、自動車の修理業者に車を持って行きましたが保険会社の人はとても丁寧に事故の状況を聞いてくれました。当て逃げということで保険会社の対応してくれたスタッフの人も、同情してくれ救われた気がしました。

 

修理には数日かかりましたが、修理会社への対応も全て保険会社の人が行ってくれました。車の修理代は思ったより高額になりましたが、保険で全額対応してもらうことが出来て助かりました。

 

当て逃げの犯人は結局そのまま見つからずに、自分の保険を使ったために保険料が上がってしまいました。しかし、保険会社の人が全て行ってくれたおかげで私は、何もせずに済みました。当て逃げにあったショックで落ち込んでいたので、保険会社の人が全て対応してくれ本当に助かりました。

 

当て逃げにあうとは思っていませんでしたが、保険に加入していたおかげで自己負担なしでカバー出来ましたし、面倒な対応もする必要がなかったので助かりました。